インフォメーション

2014-06-04 11:16:00

 

 

「もりのいえ」名前の由来をご紹介させていただきます。

今の店主が4〜50年前に 両親と始めたペンションのはしり 「軽井沢ロッジ森の家」として、当時1泊2食付き980円から始め 夏のシーズンだけの営業、その当時は3ヶ月間程軽井沢で宿泊施設として 色々な形で仕事をして参りました。ボランティアとして提供した時期もありました。

と同時に 夏の3ヶ月間以外を東京 赤坂にお店をオープン。神楽坂に移って12年、どちらも 心地よい場、 皆様にご満足いただける空間を 常に考え 現在の店主が創りあげたのが 今の「もりのいえ」です。

と言うことで、とても単純なのですが「軽井沢森の家」はその名の通り森の中の家、赤坂にお店をオープンした頃は赤坂は花柳界の街、そのまま「森の家」とすると 「もりのや」とも読め 料亭と間違われるかと思い、東京の店は ひらがなで 「もりのいえ 」としました。

現在は 夏の2ヶ月間、「神楽坂もりのいえ」をCloseし、「軽井沢森の家」で小さなホテルを営業致します。部屋数も少ないこともございまして、一般宣伝はしておりません。東京でのお客様、何十年と代々に渡ってご利用頂いていますリピーターのお客様を中心に、DM宣伝しておりますが 多くの方々に 「もりのいえ」を知って頂きたいと思っております。

写真は 15年前に「軽井沢森の家」を建て替えた当初、5月GWの時のお客様O氏がスケッチして下さった作品です!夏になりますと、木々が茂って 建物が見えなくなるほどです。各部屋にもO氏のスケッチが飾られてあります。勿論現在でもO氏は 軽井沢・神楽坂のお客様でございます。今は 建物の色が変わって グレーです!


1